アムキャンブログ

アムキャンブログ (カテゴリー:未分類)

大阪でフライス盤加工(ミーリング加工)ならアムキャンへ~短納期対応~

アルミ形材などの金属材料の機械加工法のひとつに、フライス盤加工があります。
フライス盤加工は、金属材料をテーブルに固定し工具を動かして切削する方法で、ミーリング加工とも呼ばれます。

また、フライス盤加工は、正面切削と円筒切削の2種類に大別されます。
正面切削では、円筒の先端に複数の刃をもつフライスを回転させて切削します。
そして円筒切削では、円筒の外周上に複数の刃をもつフライスを回転させながら切削します。

フライス盤加工では、正面切削と円筒切削を使い、製品の形状に合わせて様々な加工を行います。


◆平面加工
金属材料にテーブルと平行な面をつくる加工を行います。
立形には正面フライスもしくはエンドミル、横形には平フライス、エンドミルによるという一気に切削できる平フライス加工もあります。

◆側面加工
通常の平面加工ができない場合、加工する平面がテーブルに対して垂直な面を切削します。
この場合は正面フライスの正面切削やエンドミルによる円筒切削が多く多用されています。

◆溝加工
金属材料にエンドミルや側フライスを使用して溝を掘る加工で、深く掘ることもできます。
さらに、エンドミルや側フライスによる溝加工の後に、T型の溝を掘ることなどもフライスを変更することで可能になります。

◆切断・すり割り加工
金属材料を切断もしくはすり割りを入れることもできます。

その他の加工…総形加工・ねじれ加工・円周加工 …etc

このようにフライス盤加工では、フライスを変更することであらゆる形状の製品・部品を製造することができます。
お客様のご要望に合わせて、特別な形のフライスを作り加工することも可能です。


アムキャンでは、フライス盤加工(ミーリング加工)を含む金属加工を得意としております。
フライス盤加工による製造をご希望の方、短納期対応の金属加工屋をお探しの方は、大阪にあるアムキャンまでご相談ください。

大阪でアルミ等金属板のプレス加工屋をお探しの方はアムキャンへ

アムキャンでは、お客様のご要望に合わせた製品にするため、様々な機械加工を行っております。
その機械加工のひとつがプレス加工です。プレス加工は、金属加工業界の非常に多く利用される機械加工になります。

プレス加工は奥が深く、単純な加工から複雑な加工法がございます。
簡単にいえば金型にアルミなどの金属板を挟み、塑性変形させる金属加工法です。

その工程は、大きく分けるとせん断加工、曲げ加工、絞り加工に分けることができます。

◆せん断加工◆
その名の通りアルミなどの金属板を切断する加工法です。
主なものに、パンチと呼ばれる工具で穴を開ける穴あけ加工があります。
その他にも様々な切断方法がございます。

◆曲げ加工◆
製品をお客様のご要望に合わせた形状へと曲げる加工法になります。
曲げた後の製品の形状によって加工名称が変わります。例えば、R曲げ加工、V曲げ加工、U曲げ加工、L曲げ加工、Z曲げ加工などがあります。
その他、ハット曲げと呼ばれる帽子の形に曲げる加工など、様々な形状に“曲げる”ことができます。

◆絞り加工◆
絞り加工では、円筒形に絞る円筒絞り加工や角筒形に絞る角筒絞り加工を始め、板金を押し出すように膨らませる張出し加工などがあります。
他にも円形の穴が開いた板金を円形部を伸ばすようにする伸びフランジ加工などがあります。


これらは、ひとつひとつは単純な作業のように思えますが、加工時にはせん断加工と曲げ加工と絞り加工の3種類の加工を同時に行うこともあります。

金属加工による生産は、大量生産がほとんどです。
複数の加工を同時に行う場合でも一度のプレス加工でどこまで加工できるか、もしくはどれだけプレス回数を減らすことができるかにより生産性を上げることができます。

また、加工の順番や加工法の組み合わせを間違えてしまうと、製品に割れやひずみなどが出てしまい不良品となる場合もあります。
良い製品を得るためには、加工技術を熟知した技術者が必要なのがプレス加工を含めた機械加工です。

アムキャンでは、経験豊富な技術者がお客様のご要望にお応えし、確かな技術で高精度な製品をお作りいたします。大阪でプレス加工による金属加工を行いたい方は、低価格・短納期対応のアムキャンまでご相談ください。

【ステンレス溶接加工】TIG溶接(アルゴン溶接)なら大阪のアムキャンへ

アムキャンが得意としている金属加工のひとつ、TIG溶接(アルゴン溶接)についてご紹介いたします。

TIG溶接は、熱に強いタングステンを電極として用い、主にアルゴンガスのガスシールドで溶接部分の酸素をなくして溶接する方法になります。TIGとはタングステン・イナート・ガスの略です。

不活性ガスによりシールドすることで、金属材料が酸化されるのを防ぐことができます。

TIG溶接に用いられるガスシールド、つまり不活性ガスとしてアルゴンガスを使用することが多いため、アルゴン溶接とも呼ばれることが多くあります。
その特長として、TIG溶接による溶接は表面が光るような外観になります。


加工製品には・・・
・自動車部品
・厨房機器部品
・自動販売機部品
・医療機器部品
・建築金物など
・家庭用などの燃料電池部品  etc


上記以外にも様々な部品の金属加工に使用されますが、主にはステンレス鋼の溶接によく用いられる溶接法です。


ステンレス鋼の金属加工を行いたいとお考えの方、アムキャンまでお気軽に御相談ください。
TIG溶接だけに関わらず、様々な金属加工にもお客様のご要望にお応えいたします。まずは、お気軽にご相談ください。

アルミ型材とアルミ形成品の機械加工なら大阪のアムキャンへ

アムキャンでは、アルミ型材とアルミ形成品の機械加工を得意としております。
本日は、アルミ型材とアルミ形成品の違いからその主な加工法について、簡単にご説明したいと思います。

アルミ型材は、アルミ押出しにより製造されたものになります。
そのため、棒状のもの、パイプ型のもの、チャネル型のもがあります。さらに細かく言うならば棒状のものは丸いものから四角や六角とした様々な形状のアルミ型材が製造できます。
それがアルミ型材(もしくはアルミ形材)と呼ばれます。

アルミ型材の主な利用される製品には、カーテンレールであったり、サッシなどが皆様の馴染み深いところに使用されています。

アムキャンでは、アルミ型材の穴あけ加工や、ネジを止めるための穴であるネジ穴加工(タップ)加工などお客様のご要望に合わせた加工を施します。
それ以外にもアール曲げ(R曲げ)加工により製品を湾曲させる加工もございます。


そして、アルミ形成品ですが、これはアルミ型材とは製造方法が異なります。
アルミ形成品はアルミ合金を高熱で溶かして金型に圧入し、冷却して固めて作られた製品になります。

そして成形されたアルミ成形品は、もともと複雑な形状に製造されていますが、切削加工などにより余分な部分を取り除きます。

こちらもお客様のご要望に合わせた製品に加工するための二次加工・三次加工にアムキャンではご対応しております。


どちらの製品の加工もアムキャンでは得意としておりますので、ぜひご相談ください。
また、アムキャンではお客様に高品質な製品をお届けするだけでなく、抗菌アルマイト処理加工を施すなど、高品質かつ安全で付加価値の高い製品をお届けいたします。


アルミ形材・アルミ形成品の機械加工ならアムキャンまでご相談ください。
皆様のご要望に素早くお応えいたします。

最大5mのアルミ長尺に対応!!アルミの機械加工ならアムキャンへ

アムキャンでは、アルミなどの金属の機械加工を得意としております。
その機械加工のひとつに長尺加工が可能なボーリングマシンを所有しております。

中でもアムキャンでは、最長5mのボーリングマシンによる機械加工が可能です。
加工の難しい中型~大型のアルミ長尺の穴あけや切削加工に対応しておりますので、お気軽にご相談ください。

特に5mのボーリングマシンによる加工が可能なため、多くのアルミ長尺に対する加工が可能になります。
弊社ではNCボーリングマシンを使用していますので、お客様のご希望の位置、形状に穴あけ加工を施すことが容易です。

また、プログラムに沿って加工されますので、加工精度の非常に高い製品をお作りいたします。

NCボーリングマシンでの加工は、
穴あけ加工を始め、皿穴加工・ザグリ加工・タップ加工(ねじ加工)・長穴加工などを得意とし、お客様のご要望に合わせて機械加工を施します。

さらに、機械加工を施した製品のアルマイト加工処理(抗菌処理も可能)や組立作業、さらにはお客様の施設への取り付け作業など、全てを一貫してトータルサポートしております。


アルミ形材・アルミ形成品の機械加工ならアムキャンにご相談ください。
軽いフットワークを活かして、スピーディーにお客様のご要望にお応えいたします。



このページの先頭へ