アムキャンブログ

アムキャンブログ (2012年1月)

アルミ押出し材を利用したショップフロント施行管理

アムキャンでは、アルミ加工や金属加工だけでなく、アルミ押出し材を利用した施工管理を行っております。

例えば、施行管理としてショップフロント工事などを行っております。
店舗や施設といった建物の入り口となるショップフロントは、お客様をお出迎えするため、入りやすく、安全なものが好まれます。

さらに、一番に注意しなくてはならないのが、不慮の事故です。
フロントドアの閉まりが悪い、年月が経っているため傷んでいる場合があります。
またドアによっては、はさまれたり、衝突したりなど問題点など潜んでいるショップフロントもあるのではないでしょうか?

そこで、アムキャンでは、アルミ押出し材を利用した製品を用いて、お客様のショップフロントの現在の問題点を解決いたします。

例えば、アルミフロントサッシの利用などが挙げられます。
アルミ押出し材を使用して製造さしたアルミフロントサッシであれば、低価格での導入が可能です。

また、アムキャンでは自社でアルミフロントサッシを製造し、施行に携わることができるので、短納期での工事を行うことができます。

ショップフロントの問題点を改善されたい方は、低コスト・短納期で対応できるアムキャンまでご相談ください。

お客様のニーズに限りなくお応えし、ご提案から完成まで一貫してご対応いたします。

詳しくはアムキャンまでお問い合わせください。

アルミ材料のパーテーション

アムキャンでは、皆様のニーズにマッチしたアルミ加工を行っております。

アルミ加工品が多く利用される建築業の方にもよくご利用いただく、パーテーションのご案内をさせていただきます。

アルミを材料としたパーテーションは、マンションのベランダでもよく見られます。
パーテションといえば、一般企業の中でもよく見かけることができるます。

それは、オフィス内での使用です。

アルミパーテションは容易に移動させることができ、室内の広さや形を自由自在に調節することができるため、ビジネスシーンでは欠かせない品物です。

アルミニウムを元に作られているので、パーテションの軽量設計が可能になり、様々な場面で活用することができます。

優れた可動性があるため会議室や事務所内など移動が激しい場面でもお使いいただけます。
また、起業だけでなく病院や介護施設など、場所を選ばずに設置することができます。


アムキャンでは、アルミパーテションの製作から設置まで一貫して承っております。
汎用性のアルミパーテーションからお客様オリジナルのパーテションまでご対応いたします。

アルミパーテションを製造されたい方、お探しの方は、小ロットにも対応のアムキャンまでお気軽にご相談ください。

夢に向かって~堺工場開設までの準備~

夢である自社工場を開設するため、
窓匠(ソウショウ)様と協力して新工場を一から作ることに決まりました。

堺工場新設風景  堺工場新設風景
(堺工場建設風景)


その工事期間は11月1日~末までと、かなりタイトな工程にも関わらず、
工事にかかわることのできる人数は1日3~4名と限りがありました。

それでも、やるべき仕事は山のようにたくさんあります。

まずは、機械・材料の配置から、設備に使う鉄骨の強度を考え、それらをプラン図面にするまで、
窓匠の社長と何日も徹夜をして打合せをかさねました。

そして、おおよその図面が決まれば、今度は骨組に使う鋼材の手配・・・。

仕入れた資材は、もちろん、すべて自分たちで加工するので、
ガス切断・アーク溶接・半自動溶接・かい先取りなど、鋼材が骨組に変わるまで、また時間がかかります。

息をつく間もないほどの毎日でした・・・。

ただ、自分たちで工場を立ち上げているので造りながらプランを変更できるというメリットもあり、
何より、忙しいながらに充実した日々を過ごすことができたのも事実です。

続きは、次の記事へ・・・

アルミ押出し型材の機械加工について

アムキャンでは、アルミ押出し型材の試作から加工まで、一貫して承っております。

アルミ押出し形材をお客様のもとまでお届けするまで、概ね次のような流れになります。

試作⇒アルミ押出用の金型製作⇒アルミ押出し⇒機械加工⇒表面処理⇒検査⇒納品

このような流れで、完成品をお客様のもとへと納品させていただきます。

また、アルミ押出しとは、材料となるアルミニウム合金を加熱して柔らかくしたものを、
金型から押出し、様々な形状に成形することをいいます。

その後、商品として納品できる状態にするため機械加工を行います。
これは、お客様の求める形などにより、行う加工方法が違います。

例えば機械加工には、次のようなものがあります。
プレス加工、切削加工、曲げ加工、パイプ加工、切断加工、穴あけ加工、皿穴加工、
ザグリ加工(ねじ加工)、長穴加工、長尺加工・・・etc

そして、機械加工後に、アルミの耐食性と美観、表面強度を与えるための表面処理を行います。

アムキャンでは、アルミ押出しの機械加工を得意とし、商品として納品できる状態まで
弊社の工場にて全ての加工をいたします。

アルミ押出しの機械加工、納期の問題、コスト削減をお考えの方は一度アムキャンまで
ご相談ください。

アルミ押出し材のR曲げ加工|大阪のアムキャンへ

アルミ押出し材のR曲げ加工なら大阪のアムキャンにお任せください。

アルミ押出し材といえば、主にアルミパイプや棒状のものが多いのですが、
アムキャンでは、以下のような形態のものに対応が可能です。

・角パイプ
・丸パイプのもの
・アングル
・チャンネル
・独自形状のアルミ押出し材

アムキャンでは、R曲げ加工の際の、傷、ねじれ、反り、溝・突起などの変形(つぶれ)
といった問題点を最小限に抑えるために工夫いたしておりますます。

他にも『コストを削減したい』『納期を短くしたい』『品質を上げたい』といったご要望など
ございましたら、ぜひ一度アムキャンまでご相談ください。

【アルミ押出し材・その他の製品でR曲げ加工に対応できる製品例】
●R曲げ加工ができる製品●
角パイプ・丸パイプ・アングル・チャンネル・角棒・丸棒・H型バー・T型バー・フラットバー
アルミ板・スーチル板・ステンレス板…etc

●R曲げ加工を施した製品の活用分野●
ディスプレイ・インテリア・遊具・建築用材・自動車部品・鉄道部品・船舶部品・航空機部品
レジャー・スポーツ用品…etc


※型材によっては最少尺などの条件もございます。
※オリジナル形状の場合は専用曲げ金型を製作いたします。

1 / 212
このページの先頭へ